ママはボク(わたし)の
歯医者さん

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. 小児歯科
  4. ママはボク(わたし)の歯医者さん

ママはボク(わたし)の歯医者さん

もう小学校にも入って、自分で歯磨きが出来るようになったから・・・そう思って、お子様の歯をほったらかしにはしていませんか??

お子様のお口の健康は、お母様の手にかかっていると言っても過言ではありません!
このページでは、お子様の歯に関する知識を載せております。
大事なポイントをチェックして、お子様の歯の健康を一緒に守っていきましょう。

虫歯になりやすい6歳臼歯って?

● 6歳臼歯とは?

・一番始めに生えてくる永久歯
・上下ががっちりとかみ合う、噛み合わせにおいてとても重要な歯
・溝が深い

せっかく生えてきた永久歯がむし歯になってしまわないよう、しっかりと歯磨きをして、定期的に歯医者さんへ行って検査をするようにしましょう。

虫歯になりやすい6歳臼歯って?

むし歯になるリスクが高い歯

お子様によって、むし歯になりにくい子、なりやすい子がいます。
毎日、仕上げ磨きまでしていたのにむし歯になってしまうお子様もいらっしゃれば、きちんと歯磨きをしていないのにむし歯にならないお子様もいらっしゃいます。
それには、お口の中のむし歯菌が大きく影響しています。

じゃあ、むし歯菌はどうやって調べれば良いの?
唾液検査をおすすめします!

唾液検査によって、お子様のお口がどれほどの
むし歯リスクを抱えているのかを診断することができます。
もちろん、結果によって、お口の中の環境をコントロールし、 リスクを改善することも可能です。

むし歯になるリスクが高い歯

唾液検査・・・¥3,150

● 唾液検査とは?

カップに唾液を採取して、濁度や色調・むし歯になりやすさ等を調べる検査のことを言います。
3分間でお口にたまった唾液をカップに吐き出すだけの簡単な検査です。

検査後には判定結果のシートをお渡しして、お子様の虫歯リスクの高さをご説明します。もちろん、大人の患者様も受けられる検査ですので、興味のある方はご一緒にお受けください。

フッ素塗布のすすめ

歯医者さんでは、よくお子様の為のフッ素塗布をオススメしています。
フッ素に、どのような効果があるのかということをご存知でしょうか?
フッ素の効果に以下の3つが挙げられます。

  • 歯の再石灰化を促進する(初期むし歯を元に戻そうとする)
  • フッ素が歯に取り込まれ、酸に強い歯を作る(むし歯が出来にくい歯をつくる)
  • 虫歯菌が酸を作るのを抑制する(むし歯菌に直接働きかけ、むし歯を予防する)
フッ素塗布のすすめ

フッ素を塗ると、歯は酸に強くなります。それによってむし歯を予防出来るのです。

歯磨きだけでむし歯を予防するのはとても大変ですが、フッ素をうまく利用すれば、むし歯予防も楽になります。定期的に歯医者さんでフッ素を塗布して、毎日の歯磨きにもフッ素ジ ェルやフッ素フォームを取り入れれば、効果的にむし歯を予防し、大切なお子様の歯を守ることが出来ます。

おかしなクセはあごのゆがみ??

お母様、大変です。
お子様のきれいな歯列・あごのラインが危険に
さらされているかもしれません・・・

お子様のクセをチェックして下さい!
01.お口をぽかんと開けていませんか?
口呼吸はむし歯や歯周病の原因になります。
あごの発育にも悪影響を及ぼすので、鼻で呼吸するクセをつけてあげましょう。
02.片方でばかり噛んでいませんか?
むし歯ができていて痛いとき、 歯の生え変わりの影響でお口の中が気持ち悪いとき。
つい片方の歯でばかり噛んでしまい、 そのままそのクセが残ってしまうお子様がいらっしゃいます。放っておくと、歯並びや、あごの骨のゆがみにつながってしまいます。
03.指しゃぶりをしていませんか?
指をしゃぶることによって、出っ歯になったり前歯の噛み合わせがおかしくなってしまいます。その影響で、舌の悪いクセまでつくってしまいますので、指しゃぶりは早めに卒業させてあげましょう。
04.お食事を飲み物で流し込んでいませんか?
やわらかいお食事を噛まずに流し込んでしまうと、あごの発育によくありません。
よく噛んで食べる習慣を身につけ、強いあごをつくりましょう。
05.うつぶせで寝ていませんか?
お子さんは睡眠時間が長いので、その時の体勢を気にかけてあげないと、骨のゆがみを生んでしまいます。いつもうつぶせで寝ているお子さんはあごの骨がゆがんでしまう危険があるので注意して見てあげましょう。
06.ほおづえをついていませんか?
ほおづえもまた、歯列やあごの骨のゆがみの原因です。
テレビを見ている時などにほおづえをついているお子さんは要注意です!

このように、遺伝による歯列の乱ればかりではなく、日々の生活によってもまた、歯列やあごのゆがみは起こってしまうのです。
お子さんのきれいな歯並びを守るのはお母様の役目です。しっかりとご自身のお子さんのクセを見直し、良くないクセがあるのであれば、早い段階で改善に導いてあげましょう。

全国からご来院頂いております
〒665-0871 兵庫県宝塚市中山五月台2-11-4
0797-89-1502

メールでのお問い合わせ

ページのトップへ戻る