予防歯科


予防歯科

歯を治療して、「痛いところがないから」といって放っておくと、それはむし歯・歯周病を気付かないうちに進行させ、大切な歯を失う原因となってしまいます。どれだけきれいに治療をしても、むし歯や歯周病になるリスクがゼロになった訳ではありません。悲しいことに、歯の疾患は一度引き起こしてしまうと、自覚症状がないままにどんどん進行していきます。その為、定期的な歯のメンテナンスによって、専門家による清掃・チェックをさせて頂くことが一番の予防になります。そして、ご自身の歯の状態を知り、正しいケアをしていくことが重要です。 平成17年に行われた歯科疾患実態調査により、80歳で残っている歯の本数は平均で約10本にしかならないということが明らかになりました。昨今、80歳で自分の歯を20本残すことを目標とした「8020運動」という運動が日本歯科医師会により推進されており、歯の残存数と身体の健康が密接な関係にあることも注目されています。しかし、日本では、80歳で歯が20本残っている人は全体の約21%にしか満たないというのが現状です。 下に、年齢別残存指数の平均のグラフがあります。

1人平均現在歯数(年齢階級、年次別)

1人平均現在歯数(年齢階級、年次別)

現時点で、みなさまの歯は平均値以上残っていますか?今、平均値より下であったとしても、手遅れではありません。今からでも良いので歯の正しいケア是非始めて下さい。今残っている歯を1本でも多く、大切に守っていきましょう。 年齢の「齢」の字には「歯」の字がつきます。漢字の成り立ちからも、歯が年齢に関係しているということが分かります。漢字ができた時代から気付かれていた歯と歳の関係。あの百獣の王であるライオンでさえ、歯がだめになると狩りをすることや噛むことができなくなり、ただの大きくて不健康な動物になってしまいます。


ページのトップへ戻る