矯正治療


唇側(表面)矯正

一般的な表側からの矯正方法です。
クリアータイプの装置や白いワイヤーもあり、最近では表側の矯正でも目立ちにくくなってきています。
また、ファッション感覚でカラーゴムを使い、おしゃれを楽しむ方も増えています。

唇側(表面)矯正のメリット
・舌側(裏側)矯正より治療期間が短い
・痛みが少ない
・舌側(裏側)矯正よりも低額
・一回の治療時間が短い
・ほとんどのケースに対応
唇側(表面)矯正のデメリット
・装置が見える
・唇の内側に口内炎ができやすい

ページのトップへ戻る