矯正レポート

  1. ホーム
  2. 診察内容
  3. 矯正治療
  4. 矯正レポート

矯正レポート

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
暑い日が続きましたが、夏バテなどしていませんでしょうか。

お待ちかねの西岡先生の矯正の日が今月もやって参りました!!
7月20日(水)、西岡先生の3度目の矯正レポートです!

矯正装置を付けてから2ヶ月。
西岡先生の歯列ですが、残念ながら今回も大きな動きは見られませんでした・・・

西岡先生の歯はなかなか固いようですね。
そこで!今回もワイヤーを強化することになりました!

 

・・・?  今回のワイヤーはいつもと様子が違いますね。

こちらのワイヤーですが、オープンコイルといいまして、ご覧の通り、コイルの形状をしております。

このオープンコイルを西岡先生の歯に装着していきます!

 

装着完了です!

 

西岡先生の歯は一番前の歯と、前から3番目の歯の間が狭く、その為に前から2番目の歯が奥にいってしまっているのですが、1番目と3番目の歯の間が広がれば、2番目の歯の入るスペースが出来て、2番目の歯も前に出てくるようになります。(ちょっとややこしいですが・・・)
なので、このオープンコイル、実は2番目の歯のブラケットには装着していません!このコイル状のワイヤーが外に広がろうとする力で、1番目と3番目の間を 広げようという戦法なんです!

装着後、ちょっと痛みがあったようですが、西岡先生、頑張って下さい!!
ワイヤーを取り替えた後に痛みが出るか出ないかは、個人差があるそうです。ちなみに、西岡先生はワイヤーを取り替えると現段階では痛みが出るそうですが、 3~4日すれば落ち着くそうです☆

それでは、皆様次回もお楽しみに!!
来月の宇川歯科矯正日は8月24日です♪

 

皆様、こんにちは。
早いもので、もう1ヶ月が経ち、西岡先生の矯正処置の日がやって参りました。
1ヶ月が経ちましたが、歯は動き始めているのでしょうか・・・?

6月15日現在、西岡先生の歯列はこのようになっています。

 

分かりにくいので、1ヶ月前と比較してみましょう。

 

あまり変化は見られないように感じますが・・・
この1ヶ月間の感想を、西岡先生に聞いてみましょう!

 
「痛みは思っていたよりすぐに、4~5日で消えたので辛さはありませんでした。
ただ、ワイヤーやブラケットの周りを歯磨きするのが、慣れなくて少し面倒くさいです。
おかげで間食も減り、ダイエット効果が期待できるかも・・・と思ったのですが、
間食が減った分1回あたり食べる量が増えたので、変化はありませんでした(笑)
食事は以前と変わらず美味しく頂いています!」 とのことでした!

それでは、今回ですが、何をしていくのかというと、ワイヤーの太さを変えていきます。
西岡先生の歯は、目に見える変化があまりないように見えますが、実は男性であるということと、大人であるという2つの要素から、骨が固い可能性があるのです。
その為、今回少し太めのワイヤーにシフトすることに。

しかし、太くするとはいえ、あまり違いが分からない・・・

皆さんは、どちらが太い方のワイヤーかお分かりになりますか??

正解は・・・

下でした!!
そして、ワイヤーを太くした結果がこちらです。

上顎はこのようになっています。

 

それでは、少し太めのワイヤーに変えた西岡先生の矯正。
来月に動きは目に見えて出てくるのでしょうか?

来月もお楽しみに^^

ちなみに、来月の宇川歯科矯正日は7月20日(水)です。

この度、宇川歯科の西岡先生が、矯正を開始することになりました。
担当して下さるのは、宇川歯科の矯正担当医で日本矯正歯科学会認定医の森定先生です。

西岡先生の歯列は現在このようになっています。

典型的な“八重歯”の状態で、前から2番目の歯が、左右ともに奥に引っ込んでいますね。
これは、顎の大きさに対して歯の大きさが大きい為に、スペースが足りずに歯が行き場を無くしているともいえます。

 

笑顔はこんな感じ。

とっても素敵な笑顔ですが、歯列が整えば、もっと素敵な笑顔が見られるということは、想像にかたくありません。

元々そんなにもコンプレックスには感じていなかったものの、矯正をすすめられるうちに、「歯がきれいに並んだ自分の姿を想像すると、次第に矯正をしたくなった・・・」という西岡先生。

宇川歯科のスタッフもみんな、西岡先生の歯列の変動に興味津々です。
西岡先生の場合、一切の抜歯はせずに、矯正をしていく予定です。

 

そして、ついにやってきた5月18日。
いよいよ西岡先生の矯正処置が始まりました。

 

まずは、衛生士が歯の表面を研磨してきれいにしていきます。これをしないと、この後に行う施術の過程で、歯に矯正器具をつける時の接着が悪くなってしまいます。

 

次に、歯を動かす支点にする為の歯(固定原)に装着するバンドを選びます。西岡先生の場合、奥から2番目の奥歯を固定原の歯にして矯正をします。一口にバンドといっても、種類はたくさんあります。サイズや種類が豊富にあるので、選ぶ作業も大変そう・・・。 これらの中から、西岡先生の歯にあったバンドを選びます。

 

こちらが、これから西岡先生と苦楽を共にする西岡先生の“マイ バンド”です。西岡先生は歯が大きいようですね(笑)そして、左右で歯の大きさも違い、スタッフ一同驚きでした。

 

ちなみにこれが、バンドの大きさを確かめている場面です。このバンドを、専用器具で歯にかちっとはめ込みます。
「カチッ」

 

こんな圧迫感のあるバンドが本当にこんなにきれいに歯にはめ込まれるのか・・・?と疑問に思われたかもしれませんが、実は西岡先生はこの矯正治療が始まる1週間前から、歯にゴムを付けて、歯と歯の間に隙間をつくっていたのです。

 

このようにゴムをかけて1週間。

 

この通り、歯と歯の間に隙間が出来ていますね!

 

始めに、歯の表面を酸処理して、器具をきれいに接着する為の準備をします。

 

ブラケットを付けて、光で歯に固定!

 

この通り、左側の歯にきれいにブラケットが付きました!

 

右にも同様にブラケットを装着していきます。

 

ご覧頂くとお分かり頂けるように、宇川歯科では半透明のブラケットを使用しています。
もちろん、このブラケットについている小さい色のついた印のようなものは、
歯磨きをすれば簡単に落ちるものです。
これで、目立たない矯正治療が可能になります!

 

ブラケットが付いたら、ワイヤーを通し、ブラケットとワイヤーをひもでしっかりと固定します。

 

そして、とうとう西岡先生の歯列が美しく生まれ変わる準備が整いました・・・!

これから、西岡先生の矯正実況中継を宇川歯科スタッフでお送り致しますので、みなさんも一緒に西岡先生の歯列の行方を見届けましょう!

今現在、初回の矯正処置を終えた西岡先生ですが、「思っていたよりも目立たない!」と歓喜の声をあげられています^^

それでは次回もお楽しみに・・・

Page 2to 212

ページのトップへ戻る