歯周病と他の病気


歯周病と他の病気

歯周病と全身の関係

歯周病はお口の中だけの病気と思っていませんか?しかしこんなにも全身と大きく関わっている病気なのです。歯と歯肉の間の歯周ポケットには常にたくさんの細菌が常在しており、その歯周病細菌が歯肉に刺激を与え続けると歯肉の組織を壊し、簡単に細菌が体内へ侵入してしまいます。細菌は血液にのり、全身疾患へ負の影響を及ぼします。健康な方であれば免疫器官が細菌を排除しますが、何らかの疾患をお持ちの方や高齢者は免疫力が弱いため注意が必要です。

歯周病と低体重児出産・早産

長い間、低体重児出産や早産は尿路あるいは性器への細菌感染が主な原因とされていましたが、最近では出産とは直接関係がないと思われていた歯周病も原因の一つではないかと注目されています。
歯周病細菌が産生する内毒素により慢性的な炎症が続くと、子宮収縮と子宮頸部の拡張を引き起こす物質を作り出します。このため、母親が歯周病の場合低体重児出産や早産のリスクが高くなるのです。
妊娠中は女性ホルモンが多く分泌されます。歯周病菌は女性ホルモンを分解し、栄養源にするので歯周病菌がどんどん増えてしまいます。妊娠中は唾液の分泌量も減り特に歯周病になりやすいので、いつも以上にお口の中を清潔に保つ必要があります。

歯周病と心疾患

アメリカの疫学研究によって、歯周病は心筋梗塞や狭心症、感染性心内膜炎のリスクも高くなる事がわかってきました。歯周病細菌が持っている血小板凝固因子が動脈に血栓を作り、心筋への血流を阻害させます。その結果、心筋梗塞や狭心症を引き起こす可能性があるのです。ほかにも、感染性心内膜炎という心内膜に炎症が起こり心臓の働きを低下させる病気も気をつけなくてはなりません。歯周病を引き起こしたからといって必ずしも心疾患を患うという事はありませんが、歯周病を予防・治療することで少しでもリスクファクターを減らす事が大切ではないでしょうか。

歯周病と糖尿病

糖尿病が歯周病と関係が深い事は随分前から分かっていました。健康な状態では、すい臓から分泌されるインスリンは細胞に糖を届け、それにより細胞はエネルギーを蓄えます。糖尿病の場合このインスリンが不足したり、働きが悪くなるため細胞にうまく栄養素が行き届きません。そのため傷の治りも遅く、細菌感染を引き起こしやすくなり歯周病の進行を早めてしまうのです。ほかにも高血糖になると粘着性の赤血球が増え血液の流れも悪くなりますます傷の治りが遅れてしまいます。
最近では、歯周病が糖尿病に与える影響も注目されています。歯周病菌が産生する物質のなかにインスリンの働きを邪魔するものがあり、そのため血糖値をコントロールするのが難しくなります。歯周病の治療をする事で糖尿病の症状が良くなることも報告されているほどです。

全国からご来院頂いております
〒665-0871 兵庫県宝塚市中山五月台2-11-4
0797-89-1502

メールでのお問い合わせ

ページのトップへ戻る