骨再生医療


骨再生医療

インプラントは歯の土台となる骨に埋め込むため、歯をなくしたまま長期間放置していると、その部分の骨が少なくなり、インプラントを埋入できないと診断されることがあります。
宇川歯科では、再生させる医療にも対応しておりますので、無理だと診断された方も一度ご相談下さい。

GBR法
GBR法とは、インプラント埋入が可能になるように、メンブレンという人工の膜を使用し、顎の骨を再生させることをいいます。骨の量が足りず、インプラント固定が困難な場合の選択肢です。
サイナスリフト法
奥の方にインプラントを埋入する場合、骨の高さが数ミリしか無くて不足していることがよくあります。
サイナスリフト法は、そんな時に不足している顎の骨を人工的に補う方法です。

このように骨が不足しているケースでは、短いインプラントを入れてしまったり、インプラント治療そのものを断念してしまったりしがちです。
短いインプラントを埋入した場合、将来的に長い目で見た時に、様々な不安要素が出てきてしまいます。
サイナスリフト法を用いれば、1~5ミリしかない骨の高さでも、骨を移植することによって10数ミリのインプラントを埋入することが可能です。
また、上顎には上顎洞(じょうがくどう)という空洞があります。
上顎の奥歯が抜けてしまっている場合、この空洞が発達している方は、骨が薄くなりそのままではインプラントを埋入できません。
そういったケースでも、サイナスリフト法を使えば、インプラント埋入が可能になります。

国内有数のインプラント実績症例本数 インプラント症例

詳しく見る

ページのトップへ戻る