静脈内鎮静法


静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは、医科領域で多く使われている安全な麻酔法で、インプラントを埋入する手術の際に、眠ったようなリラックス状態をつくり出す、点滴による麻酔です。

意識がはっきり残る局所麻酔と違って、怖い、痛いと感じることなく、気がついた時には手術が終わっていますので、不安な方にはおすすめです。

点滴による静脈注射で、鎮静剤を少しずつ投与していきますので、次第にうつらうつらとしてきます。そのような状態がしばらく続き、体をリラックス状態に保ちます。

完全に意識がなくなる訳ではございませんが、痛みや恐怖感を全く感じることなく治療をお受け頂くことが出来ます。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法

術中は、麻酔専門医が心電図や血圧計などをチェックしながら、手術開始から終了まで責任を持って、患者様に付き添いますのでご安心下さい。

国内有数のインプラント実績症例本数 インプラント症例

詳しく見る

ページのトップへ戻る