インプラント治療

  1. ホーム
  2. 診療内容
  3. インプラント治療
  4. メンテナンスと補償

メンテナンスと補償

メンテナンス

歯を治療して、「痛いところがないから」といって放っておくと、それはむし歯・歯周病を気付かないうちに進行させ、大切な歯を失う原因となってしまいます。どれだけきれいに治療をしても、むし歯や歯周病になるリスクがゼロになった訳ではありません。悲しいことに、歯の疾患は一度引き起こしてしまうと、自覚症状がないままにどんどん進行していきます。その為、定期的な歯のメンテナンスによって、専門家による清掃・チェックをさせて頂くことが一番の予防になります。そして、ご自身の歯の状態を知り、正しいケアをしていくことが重要です。

平成17年に行われた歯科疾患実態調査により、80歳で残っている歯の本数は平均で約10本にしかならないということが明らかになりました。昨今、80歳で自分の歯を20本残すことを目標とした「8020運動」という運動が日本歯科医師会により推進されており、歯の残存数と身体の健康が密接な関係にあることも注目されています。しかし、日本では、80歳で歯が20本残っている人は全体の約21%にしか満たないというのが現状です。下に、年齢別残存指数の平均のグラフがあります。

メンテナンス

メンテナンス

1人平均現在歯数の年次推移

(注:現在歯数とは、残っている歯の総数で、健全歯、処置歯、未処置歯の全てを含む。)



現時点で、みなさまの歯は平均値以上残っていますか?今、平均値より下であったとしても、手遅れではありません。今からでも良いので歯の正しいケア是非始めて下さい。今残っている歯を1本でも多く、大切に守っていきましょう。

年齢の「齢」の字には「歯」の字がつきます。漢字の成り立ちからも、歯が年齢に関係しているということが分かります。漢字ができた時代から気付かれていた歯と歳の関係。あの百獣の王であるライオンでさえ、歯がだめになると狩りをすることや噛むことができなくなり、ただの大きくて不健康な動物になってしまいます。
歯の定期的なメンテナンスで、お口の中をすっきりさせ、健康を保ちましょう。

定期的なメンテナンスを受けることによって、以下のような効果があります。


歯科医院でのメンテナンスによる効果
歯周病の進行を妨げる。
むし歯の早期発見ができる。
歯磨きだけでは取り除けない歯石や細菌を専門の器具でプロの手によって除去することができる。

定期的なメンテナンスを受けて、いつまでも美味しく噛んで食べられる口腔内環境をつくりましょう。豊かな食生活が、健康・美しさ・若さを保ち、延いては病気になりにくい身体と免疫力を作り出します。

美しく健康な歯は、生活レベルの高さや文化的な生活の象徴と捉えられています。いつまでも輝く口元で、弾ける笑顔、弾む会話が曇ることのないように、そして美味しい食事をいつまでも楽しめるように、歯のお手入れに通う習慣をつくり、効果的な予防を行うことが重要です。「治す」だけではなく、「守る」ことも私たちの役目です。

患者様おひとりおひとりに合った歯磨きの仕方や歯ブラシ選びのお手伝いもさせて頂いておりますので、一度ご相談ください。

PMTCとは

P・・・Professional 専門家による
M・・・Mechanical 機械的な
T・・・Tooth 歯の
C・・・Cleaning 清掃
の略のことです。


簡単にいうと、歯科衛生士が専門的な機械を使って、歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所、日常のケアでは落とすことのできない歯の汚れのクリーニングを徹底的に行うことです。

一見汚れていないように見える私たちの歯の表面も、電子顕微鏡レベルで見てみると色々なものが張り付いています。むし歯菌たちはネバネバした物質をつくり、バリアー状になって歯の表面に定着します。この張り付いたプラーク(歯垢)のことをバイオフィルムと呼びます。


テレビのCMでは電動歯ブラシやデンタルリンス、歯磨き剤で簡単に落ちるように見えますが、実際は相当手強い相手で、そう簡単に落とせるものではありません。

この手強い相手(プラークバイオフィルム)を感染源と捉え、専門家が専用の器具で綺麗に剥がしとっていきます。さらに、フッ素等を効果的に使用し、むし歯の管理予防をすることが、ご自身の歯をより永く、美しく、そして強く保つ効果のある方法だと考えられています。


ページのトップへ戻る